81-hachiwan-blog

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

author photo

By81

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Share

HENRY BEGUELINの踵(リフト)修理

author photo

By81

ブーツの踵(リフト)修理をしました。
a_convert_20120524233040.jpg
Before)地面に接する踵の1層目(リフト)の修理です。
もともとついていた底材に似ているもので修理しました。

c_convert_20120524233246.jpg
Before)靴の衣替えの前に修理に出しておくと、その季節がやってきた時に
整った状態ですぐ履けますので、ぜひぜひどうぞ。

また、しばらく履かない靴をしまう時は、なるべく風通しの良い場所に保管し、
シューキーパーや新聞紙などで履き皺を伸ばすように形を整えてしまうように
すると良いです。シューキーパーも木製のシューツリーを使うと、木が湿気を
吸収してくれます。
そして、靴クリームはクリーナーで落としておいて、新たに靴クリームはぬらずに
そのまま収納すると、多少カビ防止になるとも言われています。
スポンサーサイト
Share

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。