81-hachiwan-blog

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

author photo

By81

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Share

ハーフソール修理

author photo

By81

婦人靴のハーフソール修理をしました。


画像-0033 (7)
修理後の写真)黒い部分が新しくゴムをはったところです



まだあまり履かれていないようで、靴底がすり減る前にゴムをはって

ほしいとの事でした。

お客様は、単純に靴底にペタリとゴムをはるという事を想像されて

いたようで、ゴムをはるために靴底は削ってほしくないとの事でした。

しかしながら、ゴムをはるためには、靴底を削らないと接着できない事を

ご説明し、修理させて頂きました。


なぜ、削らないといけないのかというと、しっかり接着するためには、表面を

荒らさないといけないという事。貼り付けるゴムの厚み(2㎜ほど)分を削らないと

その分、元の状態より靴底が厚くなってしまうという事からです。


修理後、出来上がった靴をみて、お客様は「(修理したのが)分からないですね」と

おっしゃってました。

きっと、お客様も実際に靴をみるまでは、不安だったのかもしれません。

最終的には、喜んで頂けたようでしたが、もっと安心して

待って頂けるような説明は大事だなと感じました。

(今回の修理:ハーフソールゴム修理 1足3,150円)





スポンサーサイト
Share

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。