81-hachiwan-blog

RED WING からALDENなどの紳士靴、婦人靴や子供靴のリペア、リメイク承ります。

スポンサーサイト

Posted by 81

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り外しできる中敷き

先日、靴修理のご依頼を頂いたお客様のもとへ伺った際に、別のご相談を受けました。
ご相談を受けた靴は、つま先部分があいているオープントゥで、
甲の部分は深くレースアップで、ヒールの高さ4センチほどの婦人靴でした。
お話を伺うと、履いていると、足が前にすべってしまって、指が靴のつま先から
出てきてしまうので、何とかならないか?という事でした。

中敷きをはがして、立体的なパッドをはり、また中敷きをもどして調整する
方法もご提案させて頂いたのですが、それをするには、一度靴をお預かりして
なおかつパッドをはる位置を決めるため、フットプリントという、お客様の
足型を取らせて頂かなくてはなりません。

お客様は、もう少し手軽に何とかできるものをという事でしたので、
こちらの取り外しできる中敷きもご提案しましたところ、とても気に入って
下さいました。
この中敷き、私が、本体のある位置にパッドを接着し、最後に革をはっています。
いつでもお客様に履き心地を試して頂けるように、サイズの違う5足を持ち歩いて
いますから、その中から選んでお試し頂けます。

nakaziki.jpg

ぽこっと出ている部分が、ちょうど足の裏の、足指をグーにした時にできる窪み
部分にフィットし、足の甲と靴の甲をフィットさせてくれる
(つまりちょっと靴がゆるかったんですね)
ため、それまでのように、足が前に滑らなくなったわけです。
土踏まず部分もしっかり支えてくれますから、歩く時の足ををサポートしてくれる
中敷きとも言えるかもしれません。
お客様は、この中敷きを入れて靴を履くと、背筋が伸びて気持ちいいとも
おっしゃっていました。
また、こちらの中敷きは、つま先がない形ですので、別の靴にも入れる事ができます。
お客様も、他のちょっとサイズがゆるい靴にも入れて履いてみるとの事でした。

18.jpg

17.jpg

15_convert_20100515010009.jpg

革の色:上の3色からお選び頂けます。
サイズ:35~39(およそ22.5㎝~25.5㎝ぐらいまで)
料金:10.500円
革の色をお伺いしてから作りますので、お届けするまで現在ですと3~4週間ほどかかります。

※あまりにもサイズが大きな靴や、甲の部分が浅い靴、スニーカーのようなスポーツシューズには
合いません。なお、踵がないサンダルにはご使用できません。
スニーカー用の取り外しできる中敷きもありませので、まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

靴修理・リメイク・中敷き-Hachi wan-81
Mail:soranoiroha7@yahoo.co.jp

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

<年末年始のお知らせ>

2011年12月31日~2012年1月2日までお休みさせて頂きます。

この間に頂いたメールのお返事は、休み明けのご対応となります。

どうぞ宜しくお願い致します。


150.jpg

スポンサーサイト

足と靴と中敷きと

靴修理を依頼して下さったお客様から、

「自分の足に合っていて歩きやすく、その上デザインも自分好みの靴を見つけるのって、

なかなか大変な事ですよね」という言葉をよく聞きます。

靴を選ぶ時、皆さんは何をみますか?

おそらくデザインを重視する方が多いのではないでしょうか。

ちょっときつくても、かわいいデザインだから我慢して履いちゃおう・・・とか。

でも、これもまたよく聞く言葉ですが、

「デザイン重視で履きごこちの点で無理して購入した靴は、結局、ほとんど履かないんですよね」

でも、自分の足に合った靴って、どんな靴なんだろう・・・という方もまた多いのではないでしょうか。


今は、シューフィッターの方がいるお店が多いですから、そういう方にきくのが一番良いかもしれません。

ただ、自分の足体をおおまかにでも知っていると、靴を選ぶ時のポイントが絞れるのではないかと思います。

サイズは何センチ?足幅は狭い?広い?高さはある?それとも薄い?角質は?


例えば、凹足の方は、甲の部分が高いので、そこを圧迫しないような靴がいいですよね。

すると、ひも靴、しかも外羽根の靴だと、羽根の開きがあり、ひもで調整がききます。

そして、あまりヒールの高すぎる靴は、より凹足の状態を強めてしまうので良くないと言われています。

私自身の事ですが、偏平足で足がむくみやすく足腰が疲れやすいのですが、崩れてしまった土踏まずの

アーチをサポートしてくれる中敷きが入った靴で、全くヒールのないフラットな靴よりも3㎝くらいの

高さのヒールの靴の方が、ふくらはぎの緊張がとれ足運びもしやすく疲れも軽減できるようです。


また、これもよく耳にしますが、きつくないからいいだろうと、ゆったりめの靴を選ぶ方も多いようですが、

あまりにも大きいと、靴の中で足が前にすべってしまい、前足部を圧迫してしまったり

脱げないように指先に変な力が入りすぎたりしますので、足にとってはよくありません。


玄関に眠っている靴で、ハーフサイズくらい大きめの靴でしたら、履き心地アップとサイズ調整に

足裏のアーチをサポートする当方取り扱いの中敷きでご対応できる場合もございますので

お問い合わせ下さいませ。

Mail:hachiwan@sky.plala.or.jp

(実際に足と靴を拝見させて頂かないと調整ができないため、いわき市内の方限定となります。)


次回、靴の種類によっての選び方のポイントを書いてみたいと思います。


Feet / Quasic


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。